日本Share&Care協会
日本Share&Care 〜分かち合い、心に懸ける〜

「サンポミチ」

S&C認定カウンセラーによるカウンセリングルーム「サンポミチ」のサイトです!
気軽に遊びに来てくださいね!!


サンポミチ

  

BOOKS

快 -脳がつくり出した人生のストーリー- 私と出逢うさんぽ道 トラウマにさよならする時

おすすめの健康茶

日本Share&Careの代表も愛飲している噂の「二十四の幸せ茶」は身体に優しい24種の野草をブレンドした健康茶です。興味のある方は「二十四の幸せ茶サイト」をぜひご覧ください。

↓をクリックするとジャンプします。 二十四の幸せ茶

(注)S&C では販売しておりませんのでご購入の際は上記バナーをクリックし、「二十四の幸せ茶」販売サイトからご購入ください。

セラピスト池田 登





株式会社日本Share&Care代表取締役 池田登より ご挨拶


私は心理療法を通してたくさんの人と関わってきました。
40年間で数千人のクライアントさんと向き合い科学的な分析をもとにセラピーしてきたことで自信を持って言えるのは

「人は誰でも自分を変える素晴らしい能力を持っている」

ということです。
しかしほとんどの人はその能力に気づくことも、使うこともなく自分に能力あることすら知らないまま一生を終えています。

なんて、もったいないことだと思いませんか?

組織の指導的な立場におられる方(経営者・監督・先生…家庭でいえば親御さんも入ります)が、社員・子どものやる気を出させたい、生産性を上げたい、自分で考えて動けるようになってほしい…といった悩みをよく相談されます。

私は経験上、過去と他人は変えられないということは十分わかっています。
運命・性格・運…そう思っていることの中にも自分で自分の限界や枠を決めて思い込んでいることがあります。

それは一生懸命、努力して、がんばれば変わるものではない、ということは皆さんもたくさん経験されてきたことでしょう。

しかし本人が自分のやっていることに気づき、変わりたいとさえ思えば、変わる力がどこにあり、それをどう引き出しどう使うのか、その方法を私から教わり実行することでいくらでも変わることができるのです。


そのために私が取り入れている3つの分野…

心理学・脳科学・哲学


それぞれの分野で独自に研究され、いろんなことが解明されていますが、横のつながりはまだまだ足りていないように感じます。

それぞれの良い所を取り入れ、融合した独自の考え方・理論を日々の臨床で検証することで、クライアントさんの変化が格段に早まっているのです。

心理学や哲学でいわれてきたことが「脳」を通じて科学的にその動きによって生じることが裏付けられ、客観性が生まれることで誰にでも再現可能な理論やノウハウになるからこそ、人は納得して変わっていけるのです!


客観性を司る前頭葉を使い、セルフコントロールができるようになることで、

モチベーション・企業の生産性・スポーツ・学業成績・コミュニケーション…あらゆる分野で成果が表れます。


これらのことは基本的なことを知れば難しいことではなく、だれにでも使うことは可能です。

たくさんの人に影響力を持つリーダー的立場の人には特に知っていただきたいと思います。そうすることで、信頼関係もますます良好になるはずです。

私の考えだした「池田式セラピー」をぜひ一度聞いてみませんか?


日本Share&Careは、
私の長年の臨床経験などから作り上げてきた独自の理論と手法を、
より多くの方々に伝えていくことで社会貢献していきたいと考えています。

日本Share&Care協会代表
池田 登


▲このページのトップへ

池田 登プロフィール


日本Share&Care協会代表
株式会社日本Share&Care 代表取締役
セラピスト
1991年 グローバルTAアクション賞(国際TA功労賞)受賞

1947年生まれ
様々な職業を経験後、
1977年自分の問題を解決したいという
思いがきっかけで心理学を志し、
後にカウンセリング事務所を開設。

不登校・引きこもり・情緒不安定の
中高生のカウンセリングを中心に手掛ける。

グールディング夫妻(米医学博士・セラピスト・元国際TA協会会長)の著書
「自己実現への再決断」との出会いから
交流分析(Transactional Analysis:TA)の理論が
臨床を行う際に有効であると考え、
同氏のワークショップに参加。深い感銘を受ける。

以来、グールディング夫妻の「再決断療法」、
ミュリエルジェイムス博士
(精神療法家・心理学者・教育学博士・元国際TA協会会長)の
セルフリペアレンティング」、
エーブ・ワグナー氏(国際TA協会公認トランザクショナルアナリスト・
経営コンサルタント)
の「自我状態」の考え方などの手法を取り入れ、臨床の場で活用している。

近年は数多くの臨床経験から
「心理=脳の働き」という考えに至り、
脳の発達理論・メカニズムとTAの理論を組み合わせた
独自の理論をもとにセラピーを行い、
クライアントの問題(人間関係を始め各種のトラウマ・
不登校・引きこもり・うつ状態・依存症・育児ノイローゼetc.)の
早期解決に成果をあげている。


▲このページのトップへ